たけもとクリニック 東大和市,武蔵大和駅 内科,外科,消化器内科,乳腺外科,肛門外科

検査機器

検査機器など

CT

CT検査は、X線を用いて多方向から身体の断面を撮影する検査です。からだのなかの様子を、まるで輪切りにしたかのような正確な画像を映し出します。 全身のさまざまな病気を発見することができますが、肺・気管支、大動脈、心臓などの胸部の病気、肝臓、すい臓、腎臓などの腹部の病気に関して、特に優れた描出能が知られています。頭痛、咳、腹痛などの症状時はお気軽に相談してください。約5分程度で撮影可能です。頭部、胸部、腹部CTとも3割の自己負担の方で検査費用はおおよそ5,000円です。

 

内視鏡検査

最新のハイビジョン内視鏡です。粘膜表面の微細な血管を観察できる挟帯域光観察(NBI=Narrow Band Imaging)システムを導入しており、細部まで病変を確認でき、胃がんを早期に発見することが出来ます。麻酔科専門医が麻酔、鎮静を行いますので、苦痛が少ない検査が可能です。胃カメラ検査費用は3割の自己負担の方で5,000円程度、組織生検を行った場合は10,000円程度です。

 

乳腺エコー検査

乳房のしこりが良性か悪性か調べる検査です。良性の乳腺症や繊維腺腫から、乳がんまで早期に発見することが出来ます。特に視触診や自己検診では見つかりにくいような小さな乳がんの発見に非常に優れています。乳房にしこりを感じる方、分泌物がある方、また乳がんの家族歴のある方、更に乳がんは肥満などの生活習慣病をお持ちの方は、乳がんのリスクが高いとされていますので乳房エコー検査をお勧めします。症状がある場合は保険診療となり、3割の自己負担の方で1,000円程度です。

 

腹部エコー検査

腹部に超音波をあて、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、胃、小腸、大腸、大動脈などを観察します。被爆のない安全な検査です。費用は3割の自己負担の方で1,600円程度です。

頚動脈エコー検査

首をながれる頚動脈は、心臓から送り出された血液が脳に向かうときに通る大切な血管です。動脈硬化などで頚動脈が狭くなったり、詰まったりすると脳梗塞の原因になります。頸動脈の内側に血栓(プラーク)がないか、狭窄がないかどうか(血管壁の厚さ)を調べる検査です。

血圧脈波検査

手と足の血圧の比較(ABI)や脈波の伝わり方(PWV)を調べることで、動脈硬化や詰まり具合がわかります。

 

血液検査

白血球数、赤血球数、血小板、CRP(炎症反応)、ヘモグロビンA1cなどを測定できる機械を導入しております。

自動血球検査装置(LC-660):
感染症や貧血などが約60秒で診断できます。

 

 

Banalyst:
糖尿病(ヘモグロビンA1c)や炎症の状態(CRP)が7分ほどで判明し、検査当日に結果説明が可能です。




肝機能検査、腎機能検査、脂質検査やその他の特殊な検査項目については、委託検査会社にて行い、2~3日ほどで結果説明が可能です。

 

 

新型コロナ感染症PCR検査

新型コロナ感染症のPCR検査を行います。
PCR装置 ”Smart Gene”

鼻咽頭ぬぐい液で検体を採取して、わずか1時間で結果が判明します。